読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ

立川の、チーム男子のイベントに来てくださった方、ありがとうございました。めずらしく、あんまり反省点を感じていません。それは単純に楽しかったからだなー。わたしとおなじくらい楽しんでいただけたら幸いです。わたしの前髪切りすぎぶりを笑っていただけたらそれもまた幸いです。
以前の、神楽坂への愛憎いりまじる書きなぐりの際、「チェーン店が好きなら豊洲とかに住めばいいじゃん」と書きなぐりましたが、豊洲に住んでるかたを不快にさせてしまったことをおわびします。なんかね、いまさかんに豊洲にマンション建てて、巨大な店建てて、いろいろやってるでしょう(言うなれば豊洲をつまらない町にしている)。わたしはああいうのにひょいっと乗っちゃう人に嫌悪感があるんで、つい豊洲を代表として出してしまいました。すみません。
おわびがわりに、豊洲の好きなところを出します。豊洲駅の交差点の、一角はバスターミナル。一角はマンション(だったとおもう)。一角は妙に敷地の広い商業施設。この、三つの角はなんのおもしろみもないんですが、残りの一角、たしかラーメン屋とかが入ってるビルの裏に、ごくわずかにどろどろした人間味のある路地や団地(うろおぼえ)があり、そこに入ると、おお!っておもうんです。そこから先、東雲のほうに行くにしたがって倉庫だらけになっていく、砂漠のような地へむかう手前の最後のオアシスのような。豊洲はけっこう古い埋め立て地だから、かつては銭湯なんかもあったくらいで、下町の香りがするところなんですよね、本来は。
そこからさらに東雲のほうに行くと、なんといいますか、これも住んでる人には失礼な話ですけど、車で山道を上っていて「まだこんな高い所にも集落がある!」という驚きとおなじ驚きを感じる。まず右側に一軒だけポツンと、コカコーラの看板のはげた個人商店があります(今もあるかどうか分かんないけど…)。そしてその先の、さいきんできた新しいのじゃなくて、都営東雲団地のほう。こんな、倉庫だけしかなさそうな、トラックばかりがバンバン走っている地に、団地があって意外と古い商店があったりする。あのへんは真夏が似合います。炎天下、日差しから逃げる場所もないなかに真っ白に立つ団地。団地のエントランスでかき氷が食べたいです。


さいきんあの駅を利用することが少なくなってて、記録が少なめになってる白石さんまとめ出し。そもそも、最近は書き込みがない日も多いのです。がんばれ白石さん(を書いてる人)。

白石さんへ(判読不能)たんじょーびおめでとう、た
白石さんの誕生日は4月24日だ! 重要な情報をゲットです。それにしては、祝う字が雑すぎないか。義務感に追われて仕方なく祝っているのか。判読不能部分が気になります。

白石さんへ(ハート)ホーソーでおそくなりましたホーソーとは? まさか疱瘡ではあるまいな。放送部などをやっていたんでしょうか。てゆーか、そもそも、この掲示板に「遅くなりました」と書いてどうするんだ? 遅くなったせいで白石さんが先に行っちゃってるのなら、書く必要ないじゃん! ほんとにふしぎでしょうがないよ。

(遠慮がちに左側に)白石さんは、いつ現れるの?
ついに、ついに、私以外の一般市民から白石さん関係への質問状が!! そうさ、私も毎日そう思っているさ。ついに誰かが言ってくれたかと、このへんの多数の市民は胸のすく思いであろう。……いや、それともいつもの書き込み人が白石さんに向けて書いているのだろうか? とにかく、この駅かいわいは、もう謎の白石さんのことで持ちきりのようです。うそですが。

白石さんへ 上まつ
白石さん関係の人たちは、昨日の質問にも(おそらく)答えることなく、この日もいつもどおりの……いや、いつも以上に異様に淡白な白石さんへの呼びかけを続ける。いつもは「上で待ってます」なのに、今回は最小限の「上まつ」。どんどん白石さんへの愛情が薄くなっていないか。心配です。(となりのはぎわらさんは関係なさそうなので、無視しました)

広告を非表示にする