朝ですね

コンタクトレンズをしているからなのだよ、と思う。

何があろうともコンタクトだけは外して寝なけりゃいかん。化粧を落とさなくとも、歯を磨かんでもいいが、なんとしてもコンタクトだけは外さないと、寝たときに大変なことになる。

かといってコンタクトをやめてメガネにしてしまうとこれはもう一気に私の流れが止まってしまうので、ナルシシズムなのか、自分の中のその時々の波に乗る際にはなんとしてもコンタクトでなけりゃいけないという、その条件がどうしても興を削ぐ。

ふっと行った先で泊まったりしたいけど、そのときにコンタクトを外さなきゃいけなかったり、そのためにコンタクトのケースだのメガネだのを持っていかなきゃいけないなんて思った時点でそりゃもう、だめなんだよ。コンタクトの時点で私はがんじがらめ。詩的なものから遥か遠くてつまらない。

前野健太さんのエッセイ集「100年後」がとてもいいので何か書きたくなった。

広告を非表示にする