ふつうにっき

nomuch2007-11-18

大相撲幕内の全取組」が夜中の3:50からってのはあんまりです。さすがに寝ますよ。録画して次の日見るのってなんかくやしいんです。しかも、さっきヤフー見てたら、「全勝消える」というのが不可抗力で目に入ってしまった。こういうのってひどい。どうにかしてほしい。
お借りしてしまった「傷だらけの天使」DVDボックス、まだちょっとしか見てないけどめっちゃいい! 感想が多すぎて書ききれない。
きょうは、漠然と友だちと遊ぶという予定と、お仕事で知り合った方のだんなさんの個展が重なってたので、融合してしまって、お友だちを巻きこんで個展を見に鎌倉へ。(いつも遠慮してしまうんだけどこのへん名前出していいのかな。いいような気もするけどまだ控えておこうって気分。)鎌倉が激混みだろうというのは予想がついていたけど、やっぱり小町通りはうんざりするほどの人で、お店を見る気にもならないのだ。
個展は由比ガ浜の海が見えるすばらしい空間で、1階なのにスコーンと抜けた眺望が心底きもちいい。うつわがほしかった私はほんとにギリギリのところまで買おうかと悩んだんですが、けっきょく買いませんでした。それは単に持ち合わせが少なすぎたからです。すみません。
うつわってほんとに困るよ。うちには、ひとりぐらし開始のときにとりあえず実家から持ってきてしまった全然愛せないうつわが大量に居すわっていて、割れもしないものだから、貧乏性とロハス精神(出たよホレ)に引っぱられてまったく捨てることができない。捨てないから、新しいのを買う意欲もわかない。好きじゃない皿や碗を使っているから料理にもやる気がおきない。悪循環。だってわたしがいつもスパゲティー作って盛る皿って、おかーさんが10年以上前にヤマザキパン祭りのシールためてもらってきた皿だよ。すげーだろー。
おかーさん自身もそこは感じていることで、わたしが「いらない皿を送り返したいよ」というと「うちだっておんなじことで困ってるんだからいらないよ」と言い返された。愛されない皿もかわいそうだ、ヤマザキ。ごめん。
じかんがあまったので10年ぶりくらいにマンガ喫茶に入ってみた。それは純粋にマンガが読みたかったからです。さいきんはお仕事の関係でマンガ熱があがっているんです。しかし都合が分からずにさいしょの10分をムダにすごし、のこり50分でなんと2巻の最初の方までしか読めなかった。こんなペースだったらふつうに買った方がマシだろ。くやしい。
夜はギンレイホールで「イタリア的、恋愛マニュアル」をかまくらさんと見る。(鎌倉に行った日にかまくらさんと会うのはただの偶然である。)たまんねえー。かなり笑った。ギンレイのあとはだいたいモスで軽く食べて閉店近くまでダベるのがいつものプロセス。きょうは「好きなひらがな」などについて大いに盛りあがりました。28歳女子2人、ひらがなの話でながながと語り合えます。
しかしきょうは寒いですね。肌にツンと来る寒さはだいすきです。


しゃしん:なーんか気になるお店、左から。ミシン屋なんですかね? 仕立て屋? どっちにしろもうやってないみたいだけど。
pvメモ:269851

広告を非表示にする