和子荘の残り香

神楽坂上で突然山本さんに会った。 5年ぶりくらいだと思う。 和子荘を借りるときにとてもお世話になった、 西島不動産にいたおばちゃん。私はお店に行くたびに長話をしていた。

私が和子荘を出るころ、西島不動産の社長は亡くなってしまい。 山本さんは縁があって神楽坂近くの少し大きな不動産店に移った。 うわさ好きでお喋り好きで、時々毒づいて、下町のおばちゃんというかんじの山本さんが、しっかりスーツを着た人がやっているような不動産店に馴染めるのだろうかね、と少々心配したりもしていた。

で、交差点で見かけて、勝手にわーっ!となり、つい声を掛けてしまいました。

そしたら山本さんは「あーどうも~」と言って通りすぎようとするので、私を覚えてなくて適当にやり過ごそうとしてるのかな? と思って「覚えてます?昔お世話になった…」的な感じで言おうとしたら「えー覚えてますよ、能町さん。ご活躍で~」
そっちの名前で言われた。契約は本名だし、そっちの名前を説明したことはたぶんなかったんだけどな。
「まだあそこに勤めてるんですか?」
「もうね、やめさせられました。やっぱりね、力のないものはダメ!」
えっ……と思って、「あ、そうですか…」といってその後が継げずにいると「じゃあまた~」といってさっさと、なんだか少し面倒くさそうに行ってしまった。

私はこう、なんか、地元に根づいた感じで暮らしてきたというようなことを自分自身美化していたが、向こうからするとそんなの当たり前で何でもないし、穿った見方をすると、私がテレビだのなんだの浮かれて出ているから、もう神楽坂の近所の子というイメージをとっくに逸脱してしまっていて、アレはもうよそもんだから…みたいな意識を持たれているのかもしれない。

と思って、悲しくなりましたが、私が美化しすぎなのが悪い。

広告を非表示にする