読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お正月

あけましておめでとうございます。
(1月も20日になってお正月も何もあんた。)
日本でも五指に入る遅いあけおめであろうと自負しております。
別に書くことないんですけど、なんか書く気になったから、久しぶりに。まー基本的にツイッターやってんですけど。あとインフルエンザになって、めんどくさいです。仕事がたまっちゃって、嫌です。
あ、おしらせある。またジャイアントキリングのムックに書かせてもらいました。でもまだアマゾンにないみたいなので、また今度書きます。
小6男児に抗ホルモン剤=性同一性障害、小児で初―大阪医科大。
(お、どうしました突然。時事ネタですか)(そうです)
もうこういうニュース聞くたびになんか居心地悪い(あとテレビで佐藤かよ見ちゃった時も)んで別に何も言わなきゃいいんだけど、いまミクシィ見たら載ってたのでつい何か書きたくなってしまった。
私の立場からするとこういうことには賛成だと見られそうな気がするけど別に賛成しない。むしろどっちかというと反対。
もう小学校入学の時点で女子だと認めちゃって取り返しつかないことになってるんでしょうが、そんで本人は辛い辛いと言うことにはなるんでしょうが、はっきりいってこのホルモン投与は完全なる実験ですよね。どうなるか分からんよ、この子の将来。健康の面よりも精神的に。身体の健康の面は、小六とはいえある程度の覚悟をしてると思うんですけど、精神的な男女の境目なんてほんとに本人の中でさえ生涯不安定な可能性あるんだからね。
ずっと女になりたいと世を呪いながら、大人になってから女になったような人たちはそりゃまあ子供のころからホルモンでも入れておけばって思うだろうけど(私も思うけど)、それはあくまでも結果論ですもん。生殖機能を12歳にして人工的につぶすってことなんですよね? つぶすまではいかないの? そのへんよく分かんないけど。12歳の判断を大人が鵜呑みにしていいのかなあ。と思いました。
むしろ、どうせホルモン関係いじるんだったらもう性器の手術やっていいんじゃないの? そこには踏み切らないのかね。その中途半端さがよく分からん。
書いてて自分でも反対だか賛成だかよく分かんなくなってきました。
要はホルモンいじりだけでやってくのは中途半端だなって思って、そこになんか据わりの悪さを感じるわけだな私は。早々に前言撤回するけど(あえて前書いた部分残すけど)小学生の間ずっと女でやってきちゃったんならこれから男に戻りますって事態になるのはやっぱり考えにくいな。たまに女装してたというレベルじゃないですもんね。じゃあもうチン子とっちゃったらいいんじゃない? ダメなのかな。
ていうか私は性同一性障害というものの存在自体を疑ってる立場だから、報道とかでいろいろ思ってしまうのはしょうがないです。制度としてはありがたいし思いっきり恩恵受けてるけど、なんか成り立ちからしてひん曲がってて気持ちわりーと思っている。脳が女とかほんとウソくせー。
ニュースに対してべらべらしゃべっちゃいけない。やめよう。
なんかほかにありましたっけ。思いつかないです。
あ、あるところで行われている、ある催しで、そのうち、公開録音のようなことをやるということが某サイトに出ていますので、もしよかったら、お越しください。一応抽選と言うことにはなっております。おそらく定員を割るとは思うのですが。すみません。
フェイドアウト願望ばかりの毎日……


しゃしん:これもいい看板。榎井。(この地域の写真をいつまで載せつづける気だろう)

広告を非表示にする