読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びっくり鉄道

「うっかり鉄道」を宣伝しなきゃと思うんだけど、びっくりな事件が起きたのでそれを書かなきゃね。

おんなふたり、ローカル線めぐり旅 うっかり鉄道

おんなふたり、ローカル線めぐり旅 うっかり鉄道

↑新刊はこちらでございます。これについてもあとで書く! 絶対近いうち書く!


昨日のことです。仕事がどうもはかいかない(←方言らしいね)と思いながらぐずぐずとワードを開いたり閉じたりしていると日づけをまたいでしまった。あーやだなー朝までコースかなーそれとも帰ろうかなーと思ってるところに、お友達のガンちゃんが突然電話をかけてきて「飲みませんか!」と言うんですよ。こういうときって行っちゃいますよね。だから仕事終わってねえ。すみません。
で、だいぶ久しぶりに新宿ゴールデン街なんぞに行ったのですが、ちょうど櫻田宗久くん(ここもお友達の紹介で仲よくなったのです。ありがたい話です)が展示をやっていたはずなので、そこに行きました。でも展示が最終日ということでお店がぎゅうぎゅうだったものだから、ちょっと別の場所に行きましょうという話になりました。
行った先は、シャンソン歌手のソワレさんのバー。初めて入ります。というか私はべつにゴールデン街に詳しくないのでだいたい初めてです。なんと今日は、坂本ちゃん(あの坂本ちゃんですよ)がママをやっているというので、ミーハー心と酔いも手伝って足も軽く。
で、着いて。わたしは自己紹介がきわめて苦手なものだから、宗久くんが勝手に私をほめたたえて、私はひたすら恐縮しているというよくあるパターンの自己紹介を坂本ちゃんに向かってしていると、あの坂本ちゃんが私の名前を聞いて、「あ。『お家賃ですけど』の?」っておっしゃるのですよ。
え? え? なんで? なんで知ってんの? え? ていうか、え? って。え?
ここを見てくださる方は私を過剰評価してくださる方も多く、私を有名人であるかのように扱ってくださる方もいらっしゃいますが、実際のところ全然知名度がないというのはなにより私が分かっていることです(実際あまり知名度を上げたくはないんですが)。今までの取材やプライベートで、能町みね子ですといって「ああ知ってます!」と言われたことは、編集ヤマコの行きつけのゲイバーでただ一度。本当にそれだけ。
でも坂本ちゃんが知ってるってのはなんだそりゃ、しかも「お家賃ですけど」で知ってるってどういうこっちゃ、と。
お話を聞くと、つい先日、本屋さんをぶらぶらしていたら「お家賃ですけど」が目について、表紙が気に入ったから買ってしまった、と。そして、読んだら中身も好きだったので、まさに前日にブログにアップしたところだったの! ですって(リンクはその記事。次の日の記事もぜひ!)。
何なんですかこの偶然は!!
坂本ちゃんは私の名やほかの著書とかは特に意識せずにあの本を買ってブログにアップし、私は私でそんなことはつゆとも知らずに翌日にたまたまバーに来たんですよ。すごくない? すごいよ。すごい。断定。
ということがあってうれしかったよっていう話でした。
坂本ちゃん(坂本ちゃんさん? 坂本さん?)、読んでくださってありがとうございました! 読んでもらえたのもうれしいけど、「家に連れて帰りたくなる本」って言ってもらえたのが超うれしいです。またお店行きます!


その日は、そのあと夜を明かすいきおいで、ソワレさんをまじえた超豪華生ピアノカラオケをやってとても楽しかったです。小学生の感想文みたいな〆になっちゃいましたが、とっても楽しかったです。

広告を非表示にする