音楽メモ

イベント、満員になっちゃったみたいです。ありがとうございます。いろいろ考えます。
ところで、ライブを見に行きました。
(ところで って、いい接続詞だよね)
私が最近とても気にしているバンドです。なんとしても今のうちに見ておきたかったのです。近いうちにもっと人気が出ちゃうか、解散しちゃうか、どっちかだと思ったので。
とりあえずそのバンドの映像、ではなくて、ボーカルの人(「の子」といいます)がひとりで渋谷に路上ライブ(ギターではなくラジカセ持参、しかもラジカセの調子が悪くて結局アカペラ)に行って、その様子をライブチャット+動画で中継しながら警察に補導されるまでの動画を貼る。後半、補導されるところ。8分ころから警察登場。関連動画もいろいろ出てきますので、彼がだいぶイっちゃってる人だということが分かると思います。街中で、ひとりでパソコンに話しかける形で動画中継できること自体がしびれます。
しかし、イっちゃってると見せかけてこういう曲↓(PVは常に自作らしい)を作ったり。ちょっと神々しい。この曲に至ってはドストレートな青春ロックで、なんか泣けてくる。↓わたしは↓これがかなり好きです。冒頭からサビまで「死ねよ佐藤!」の連呼。ライブ映像もyoutubeにたんまりあります。演奏ははっきりいってうまくないと思うんですが、うまくなっちゃったり、音の粒が整ったりするときっと台無しになるんだと思う。かなり危ういバランスにいる。「下手なのに(だからこそ)魅力的」というのはやろうと思ってできることではないです。
そんなわけで私は最近このバンド「神聖かまってちゃん」がとても気になっております! サマソニにも出たみたいだしね。関東でオシリペンペンズだとかミドリだとかに対抗できるのって、私はかまってちゃんくらいしか思いつきません。しかも関西陣より若いし。
今日ライブに初めて行きましたが、の子(Vo)がどんなふうに暴れるのかと思ったら、キーボードのmonoさんがジャックダニエルをたらふく飲んでベロンベロンに酔ってて、そっちのほうがはちゃめちゃでした。MCとか呂律回ってなくてウザめだし。でも演奏はyoutubeでいつも観てる程度にはちゃんとしてました。ロックンロールは鳴り止まないっにはやっぱり心奪われてしまいました。
どうしてもあれだなー、私はものわかりのいい、整然としたものをつくる人より、こういう破滅性向の人にぐんと惹かれてしまう傾向があるんですね。三十路になったのにね。こういうのは治らないんですたぶん。
9月にオシリペンペンズと対バンしてたのかー。観ておきたかった……。でも高円寺UFOクラブはステージが低くてあんまり見えないのであんまり好きじゃないんです。ペンペンズも東京でいつやるかいちいちチェックしてないので一度しか観たことがない。明るいところで観たい。

広告を非表示にする