読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうにっき

あしたからもう8月だって! どうするよ。
なんか、いろいろいやになってましてね。おもしろいこともたくさんありますが、いやになることもたくさんあります。(だから仕事じゃないことをやりたくなる)
今ふとアクセサリー類を置いてあるところを見ると、まるい石のついたヘアゴムがある。
なんかへんな気分になりました。3月にボウズにしたわたしはいまショートで、髪が結べる長さではありません。半年前は背中まで髪があったから、このゴムをふつうに使って結んだりもしていたんだが。なんだかいまこれを見ると、当時まるで女装していたような気分です。いまはあまりこれを使う気になれない。よくこんな女っぽいものを身につけていたもんだな、と思ってしまう。髪を切るとともに、私の中から女性性がサラリと流されたような感じです。もちろん、だからといって男性性が増したわけじゃないんですけども。ふつうにかわいいピアスとかは身につけてるし。
そういえば友だちが言っていたんだが、彼女はあんまり髪を伸ばすのが好きではなくて、しかしそれに背反して伸ばしたい気持ちもあって、ときどき伸ばそうと努力してみては、やっぱりやめてしまう。そんな彼女が、「髪伸ばすと女くさくなる、女のいやな部分が私の中に芽生えてくる」といったようなことを言っていたのです。言うまでもないですが彼女は性的にはノーマルな人です。それを聞いたとき私(当時長髪)は「そんなもんかね?」という気分でしたが、いまヘアゴムを見た私はその気持ちがなんとなく分かったな。私も髪伸ばす気が全然なくなっている。ボウズにするときは、「また背中まで伸ばすぞ」などと思っていたけど、なんかもうそんな気さらさらなくなったよ。髪を伸ばすと性格がねばねばしそうな気がしてしまう。
なんだよ、何が言いたいのかまとまらんな。
じゃあ今日はいただいたメールにおへんじを書きます。
トカミさま。そうです、そのへんです。ガラス張りのビルなんてありましたっけ。有機野菜のカフェは行きました。こじゃれたカフェも気になってたんですけど、まだ行ってないです。喫茶室はネットで調べてみたけど、よさそうですねー。ああざんねん。
あやこさま。そうですね、ちょうどいいダサさですよね。わたしはあそこを「県庁所在地」と呼んでおります。あのへんは都ではなくきっと県で、あそこはきっと県庁所在地だと思う。ダサポイントとしては断然西友がおすすめですよ。あと北口右側の、スナックばかり入っている、ある国の名前(なぜか漢字表記)のついたビル(あんまり古くはない)がなんとも良い。どこかしら遊郭っぽく見えるビルもある。
たんざわさま。おお! 私の文を読んで相撲を好きになってもらえるなんて、このうえなくうれしいです。パンの山(深尾)、パン好きそうですよね(笑)! 公式ページもすごくいい写真ですね。それは見てませんでした。インタビューの様子からしても彼はすごくいい人じゃないかなあと思ってます。彼はパンであるということ以外にも体つきがかなり特殊です。相撲取りの中でも太っている方だというのに、首が長い(ふつうあれだけ太ると肉に埋もれて首がなくなる)。そして立ち合いに、猫がやるみたいに足で後ろに土を払う癖があります。そしてものすごい斜めに構えるかなり変則的な立ち合いをします。ああパンの山、はやく上にあがってきてほしい。個性豊かな力士だよ。
パンの山の幕下優勝までの道のりをビデオを見ながら書きつけたかったのですが、ちょっと今日はもう寝たいのでやめます。


しゃしん:明野にあったトラック塗装屋の一角。すてきな絵。なぜか駄菓子屋兼務。

広告を非表示にする