読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フロンティアスピリットについて(4)

まーそれで結局わたしは契約してしまったのですけど。(現に今、そこでこれを書いている。快適です! トイレが臭い以外は)
仮契約の際、わたしみたいな無職同然の得体の知れない30歳は、何をしている者か当然ねほりはほり聞かれてしまうのだな。恥ずかしい。もたもたした口調で話した結果、職業欄には「執筆業」と書くことになりました。
しかし、それではすまなかった。
会社名の欄を書くときに、「筆名があるんですか?あればそれを……」
あーーーーそういうのを明かすのはいやだよー。すっごいいやだよー。
と思ったものの、ポストにはどうせ筆名を書かなきゃいけないし、折れて、筆名を教えてしまいました。
しかし、それではすまなかった。
「具体的にどういうお仕事をされてるんですか?」
えーーー。そこまで言うんすかー。そこまでいくとほとんど興味本位じゃないッスかー(とは言えなかったけど)。
渋っていると、「ほら、大家さんも、どんな方かは把握しておきたいと思うんです」。まあそりゃ一理あるんだけどさー。
そんなわけで、なんかすげー恥ずかしいけど、不動産屋にじぶんが連載してるページとかをファックスで送るハメになりました。少しでもまともなものをと思って、モーニングを送りました。ああ、エロ漫画家とかポルノ小説家じゃなくてよかった……。描く技術がそもそもないけど。
で、契約したその部屋の住所なのですが。

郵便番号XXX-0004
××町X-X-4
××ビル404号室
ちなみに××ビルは昭和44年築
Q駅のいちばん人の降りる出口から徒歩4分(実測)

すごくね?
いくらなんでも4にとりつかれすぎじゃないですか? ここまで徹底してたら逆に縁起がよかったりしませんか? あまりのことに、電話番号も下一桁を4にしてもらいました(選択肢にあったので)。
まあさっきから部屋の後方で小さなきしみの音がやまないのだけど、それはなんてゆーか、誤差だよね。大きな意味で。誤差ですよ誤差。けっきょくフローリング調のシートも思ったより重かったから、下の畳をきちんと確認してないんだ。だから血染みがないっていう確証もないのさ。ついでに言うと、さっきガスの開栓に来てくれた人が、「前にガスを閉栓したのが93年」って言ってたよ。前に住んでた人(1〜2年前まで2年間くらい住んでいたと聞いた)がガスを使ってなかったとしても、正味16年間ガスが使われなかったってのはいったいどういうこと? ここで前にガスが使われたのは私が中3のときって、どういうこと? なんかすべて想像のはるか上だ。謎がまるっきり解決しない。けども私はそこそこ元気にここでお仕事しております! 異常現象があったら直ちに報告します!


フロンティアスピリットの巻、おわりです。


しゃしん:小樽で、縁のある場所を歩いていたら、ガケの上にに突如出現したオッシャレカフェ&パティスリー。有名みたいですね。おいしかったです。