読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔ったいきおいで宇宙

nomuch2008-06-16

基本的に私は家でひとり飲んだりはしないんですが、こないだモーニングの取材の帰りに買ってけっきょくまだ飲んでなかった氷結なんとかを冷蔵庫に発見しちゃったので今飲んでいます。そのいきおいで何か書こうかなあっていう。
今読んでる本は、これです。携帯サイト女子nicomiで「ロハス」をおちょくるようなことばっかり書いているだけに、まじめな知識もしいれておこうと思って、ちょうどいいです。編集タイペイさんから勧められたので読んでいます。どうでもいいが酒が入ってるとタイプミスが多く、バックスペースを押す回数が多い。めんどくせえ。バックスオペ^すを憤怒インするとこういう文になってしまうので、封印しようかなあとおもたけどやっぱりやめた。

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書)

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書)

ペットボトルやトレイのリサイクルは実質的にはほぼ行われていないから燃やしたほうが環境にいいとか、コンビニのポリ袋はふつうに使えとか、ダイオキシンはべつに毒ではないとか、ツバルが沈んでるのは海面上昇じゃなくて地盤沈下のせいだとか、そういうことが根拠つきで書いてあって、まあところどころ掘り下げが浅いかも、と思うところもあるけど、少なくともニュースバラエティよりはよっぽどためになるし納得のいく本です。タイペイさんありがとう。わたしはこれを読んで、コンビニポリ袋を使うときに妙に芽生えてしまう罪悪感を消すことができてほっとした。そういう点だけでもおすすめです。
科学知識が皆無に近い私のような(大多数の)人にとって、環境問題なんてけっきょく何を信じるかなんですよ、きっと。あしたからニュースで「地球はやっぱり寒冷化していました!」っていったらみんな信じるんですよね。そういや最近寒いじゃん、とか言って。
あと、酒の勢いで、わたしがすごい昔から思っていることを書いてみます。宇宙とか人類とか、テーマのでかいことって、お酒でも借りないと恥ずかしくて言えませんよね。そもそもわたしはバリ文系なので、夢みたいなことしか言えないし。
あの、ほとんど人類全体の論調として、「人間が地球環境に悪いことをしている」みたいに言われてますけど、人間だけそんなに別なのかなあ、と。人間だって、地球全体の進化の歴史で、生まれてきたものじゃないですか。べつにほかの惑星から降り立ったわけじゃないですよね。だから、人間がいることも、人間が地球に悪いことをしている(ように見える)ことも、ぜんぶ「自然」なんじゃないんですか。
大昔は、わたしはよう知らんけど科学によると、たぶん地球に生物はいなかったわけですよね。まず生物が生まれて、植物が生まれて、植物が生い茂ることで地球環境はものすごく変化したとおもうんです。空気が酸素だらけになっちゃったりして。そのあと動物が生まれて、またまた地球環境は変化したとおもうんですよ。その超大々的な変化にくらべたら、人間が起こしたことなんてべつに大したことじゃないんじゃないの。
人間だけが地球…というか宇宙(神とか言い出すとめんどくさいからやめます)の大きな流れ(意志といっていいのか分かんないのでこう言います)にそむいて何かをしているなんて、ずいぶん考え方がおこがましいとおもう。人間なんてモノが作り出せちゃう地球なんだから、人間を作ったらこのくらいのこと(環境破壊と呼ばれるようなもの)が起きるなんて予想済みじゃないですか。わたしがいまここでこういうことを思っているのだって、ぜんぶひとつの流れの中の微細な一部なんじゃないですか。「地球を守ろう」みたいな言説が、なんかバカバカしいなー、地球だってこのくらいわかっててやってるんだろ、ってのは昔から思っていることです。
要は、地球を守りたいんじゃなくて、人類は人類を守りたいんですよね。というか、自分の身を守りたいんですよね。そういうのは利己的で体裁が悪いから、地球を守るって言うんだろうなー。それか、子孫のためとか、そういうふうに転化させるんだろうなー。そのへんが偽善。
酔っぱらってるとタイプが早いので何を書いているのかわかんなくなる。ひとりで飲むと氷結なんとか1缶でも案外酔いが回るんですね。だめだ。古雑誌をまとめてゴミに出して寝よう。
……しかし、上の本によると、古紙リサイクルもほとんど意味がないんですよね。実際ホチキス止めの雑誌までいっしょにたばねて、そのまま再生できるわけないんだよな。そらー前からおもってたけど、ゴミはこう集めますと言われたら特に考えもなくやってしまうもんだ。めんどくさいからもうやめるか。


しゃしん:元町高架下(もとこう、だっけ?)もいいけど、ここ阪神元町駅(だっけ? うろおぼえ)もふつうによかったです。