読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い

うちにパソコンが来て、うれしい。仕事場にmacさん(特に愛称がないので、募集中)を持っていってからというもの、無パソコン生活を送りつづけていたのですが、ついこないだウィンドウズさんが届きました。もちろん自分のお金で買いました。そのくらいはお金が入るようになりました。ああ、よかったね。家賃は6万円ジャストです。よろしくおねがいします。もっといいところに住みたいか、ですって? とんでもない!(←イメージは、世界まる見えテレビ特捜部のVTRの吹き替え)
そんなわけで、家でにっきを更新するという、かなりハイテクなことも自由自在です。さっきパスタを食べたので、キーボードをたたく指さばきも軽快である。しかし、残念ながら、いつものガッカリ写真集は、macさんの中にストックがあるので、今日も更新できない。文字ばっかりのにっきとなります。
しかし、今日何を書こうとしていたんだったかは忘れました。最近のあれこれを書いてみるか。
ライブに行きました。右にリンクが貼ってあるのですが、わたしはPaperBagLunchboxというバンドとオードリーシューズというバンドと親交がありまして、いや、親交ってほどじゃないんだけど、わりと頻繁に見に行っていた時期があります。
そもそもの始まりは、友だちに連れられて、友だちの友だちのバンドをなんとなく見に行ったときに、へへーん所詮アマチュアバンドだもんな、お手並み拝見といきますか、程度のつもりでいたら、対バンで出ていたメカネロというバンドに完全に(友だちとともに)心奪われてしまい、そのあとの、友だちの友だちのバンドも見ずに会場から出て話しかけてしまった、ということにある。
しかしその後メカネロはいろいろとあってメンバーが抜けたりして解散してしまった。わたしは最初にメカネロのギターの真嶋さんに心酔して追っていたんですが、当の真嶋さんが音楽活動自体をやめてしまったので(マジで泣いた)、当然わたしの熱も少し冷めてしまったのです。しかし、その後もバンド自体を追っていきたい気持ちはあって、後進のオードリーシューズを見ているのでした。でPaperBagLunchboxはなんなのかというと、あるときメカネロの対バンで出ていて同様に心酔してしまって(今回はボーカルの中野くん目当てです)、追っているのであります。
いや、しかし、「追う」と書くと、アイドルの追っかけみたいで体裁が悪いよな。あの、音楽が大好きなんですから! サザンの力は認めざるを得ないよね! っていう気分なんです!(←出典は言わずもがな) ああもう恥ずかしい! でもそこは妥協できんから!
しかし長くて要領をえない文だな。もうそろそろ本題。はい。たぶん半分くらいの人は読むのをやめてるとおもいますよ。
で、本題は、メカネロオードリーシューズ)もペパバ(略)も、わたしはこういう字を書いたりイラスト描いたりするお仕事をする前から応援してまして、メンバーの方はわたしの本名しか知らない。どんな仕事をしているかもあんまり知らない(もしかしたらまだOLやってると思ってるかもしれない)。ここでこんなふうにこっそりリンクを貼ったり話題にしたりすることで、もしかしたらバレるかもしれないんだけども、まあそれはどっちでもいいんです。ただ、久しぶりに彼らのライブを見に行ってあいさつして、本名で接している空間が私にとってはずいぶんと居心地がいいじゃねえか、とおもったのでした。あれ? 結論これだけだっけか。なんかもう少し壮大で全米が泣くようなことを書くつもりだったのに、拍子抜けです。なんか、忘れた。
ああ、もう十分これで宣伝になってるかもしれないけど、彼らの音楽はすごくよいです。オードリー〜はメカネロから変わってしまって、正直言ってやはり私はメカネロ中期のほうが好きなのだけれども、ドラムボーカル(しかも女子)になったところにやたら可能性を感じています。ペパバ(略)は、シューゲイザー的な轟音なのにボーカルがかなり生きてて、しかもライブだと気持ち悪い動き(←最高級のほめ言葉)をしてくれるので、大好きです。わたしは基本的にライブでは気持ち悪い動きをする人が好きだ。メカネロの真嶋さんしかり。演奏に夢中になるあまりどっかに飛んでったような感じになる人がよい。
なんか熱いね。
鉄道博物館に行った話も書こうかとおもったけどやめた。長いから。

広告を非表示にする