読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せかせか系

nomuch2008-05-09

最近のわたしのかんじ
たぶんあわただしさのせいなのだけれども、ここのところの私の文章をみていると、どうもせかせかしていて具合がわるい。具合がわるいというか、風合いが悪い。もうちょっと質感のやわらかな文を書いていたはずだったんだけども、これではいけません。すこし恢復させたいとおもいます。
唐突ですが、ミクシィのはなし
mixiが始まったのって、たしか2004年3月1日なんですよ。で、わたしは、mixiの運営の人の、知り合いの知り合いの知り合いにあたるので、なんと3月10日くらいにmixiに入っていて、めっちゃ早いのです。なんだか分からんけどとりあえず入ってしまったという感じだった。idが一千いくらだったとおもいます(そのあと1回やめて入りなおしたりしているのでidは変わっている)。
いまや悪徳業者と変な人たちの巣になりさがってしまってますが、さいしょのミクシィはかなり刺激的でした。もとがミクシィ開発者から始まっているから、メンバーがみんな独特で、人々の日記(当時は友人まで公開などの区別もなかった)もおもしろいものが多かったのです。知らない人のおもしろい日記にコメントをつけて、そのまま仲よくなったりすることもありました。私の知らないいろいろなことを教えてもらったりして、中にはふつうに会ってみた人もいて(同性なのでいわゆる出会い系的なアレではない)、とても健全なネットの生かしかたをしていたんです。いまでもこういうことはあるのかもしれないけど、少なくとも私はしない。あれだけの母体になると、おそろしいから。
それと、わたしはbonobosの辻くんと親交があるのですが、それもそもそもネットで始まっている。わたしの「モテない系」の一読者だった、カフェをやっているMさん(伏せなくてもよさそうだけど、いちおうね)が、お店によく来る辻くんにモテない系を勧めてくれた。辻くんもおもしろいとおもってくれて、自分のブログに書いた。それをたまたまブログ検索で発見したわたし(もともとbonobosが好きだった)が、びっくりしてコメントをつけ、それからメールをやりとりするようになり……という流れ。土井ちゃんとの親交も、もとはといえば辻くんが結びつけてくれたものです。
だから、テレビ一辺倒のようなかたがたには、ネットといえば犯罪の温床、ネットを介して知りあったら即ち犯罪のにおい、のようにおもわれがちですけれど、ほんらいすごく便利で、わたしみたいな人見知りにも世間への扉をひらくすばらしいものだとおもう。ってことを今日は書きたかった。うまく使えばいい、っていう、それだけの話なんですよね。
やっぱり文章がせかせかしている気がする。あの丸みが出せない。むずかしいです。
で、あの、モーニングの連載……どうなんだろうね。見どころとしては、「デートスポット☆」っていう連載なのに、文頭「死」の字からはじまっていることです。わたしは、モーニングにおける、あのページのそもそもの読まれ率が知りたいです。あと、わたしのページの前に載ってる梅吉さんはすごすぎる。作ってるところを見てみたい。


あ、これ。そうだそうだ。こないだの777777キャンペーン(?)に、さらにすごいのが来たので、載せます。d-x-bさん。ありがとうございます。

なんかもうたいへんなことになってしまった。


しゃしん:布津のあたりの踏切(すでに廃線。かなしい)、なんだかすごいところに家がありました。

広告を非表示にする