ふつうにっき

わたしもいろんな仕事をさせていただいております。
って、新しい本のリンクを貼ろうと思ったら、まだアマゾンに出てなかった。出たら貼ります。あ、著書じゃないです。表紙イラストだけ描かせていただいたものです。
ついこないだまで、わたしは「無職」と自称していました。名刺に「無職」と書きたいくらいでした。いまでも、日本の弊害である、無職である、というような自覚はしっかりと持って、いわば無職スピリットにより生きておりますが、さすがに対外的に無職と言うのもはばかられてきて、なんかもにゃもにゃとした職業名を名乗ったりするようになりました。たいへんな進歩です。
しかし今度は、たいへんありがたいことなのですが、とつぜん仕事が増えてきてしまいまして、この状態をわたしは「バブル」と呼んでおります。仕事が増えたといったって、みのもんたやら宮崎哲弥やらにくらべたらわたしなんて無職同然でありましょう。しかし体がわりと簡単にこわれるようにできているわたしなので、少し荷が積まれるとすぐポシャッといきますんで、いまでももう容量一杯とおもっております。けっこうきゅうきゅうになってきました。ありがたい話であるだけに無念です。
バブルとは弾けるものですから、そのうち、私のなべ底不況がやってくるとおもうんですけど、そのときもよろしくおねがいします、というか、よろしくしなくてもいいんですけど、それはそれで、うまく時機をみきわめてOLを目指したいとおもっています。
しゃしんを貼るのがめんどくさいのできょうは貼りません。
でも、今日はいい気持ちなんです。荒れてません。

広告を非表示にする