ふつうにっき

nomuch2008-03-07

書いて寝よう。
どうにかあたまをぎゅうぎゅうしぼりだすように仕事をしたあと、開放感にひたるためにまたライブへ。このあいだいっしょにイベントに出たばかりの石橋英子×アチコ(敬称略)をまた見にゆきました。
こんな方々と、そして二階堂和美さんと、わたしは共演したことになるんだなあ。あらためてどうにか感じようとするんだけど実感がない。こないだの大阪は、すばらしいライブを見させてもらったあとに、ついでに好きなことを人前でしゃべり倒してご満悦、という、ただ好きなことをしただけという感。ほんとうにありがたいです。しあわせです。二階堂さんの歌って、聞いた瞬間ドスって来るのとはちがって、さいしょはふわふわしているんだけどいつの間にか心の編み目の中に完全に染みこんでいてうわあびっくり、って感じなんですよね。だからこないだのライブから、わたしは気がつくとラヴァーズロックを口ずさんでいるんです。贈る言葉もしみこんでる。
話が昔に戻っちゃった。今日の話です。きょうの石橋アチコさんは、いきなり「春と小石」から入るという飛ばし気味のセレクトで、新鮮でした。いきなり引きつけられました。いい気分になれました。うれしい。
そのあとの千住宗臣ソロはとんでもない代物なので、きっとそのうち広まっていくとおもいます。いや、もうじゅうぶん広まっているのか。千住さんのドラムは、誤解をおそれずにいえば、スマートではない。すごく粗くて固い。でもものすごくうまい。いままでわたしは、うまいドラムというのは柔軟で軽くスマートなものというイメージがあったのですが、その観念を全部やぶっているのにすごくうまくて圧倒されるというのが、やはりただものではないところなんだなあとおもいます。
ライブ後図々しくいすわり、おしゃべりしてしまう。アチコさんも石橋英子さんもだいすきです。調子にのって石橋さんに図々しいおねがいをしまくる。いわく、私のためにユニットを組めとか。その見返りに石橋さんも私に無謀なおねがいをしてくる。いわく、小田急線を買収してくれとか(なぜ私は金持ちキャラなんだ)。かえすがえすも石橋さんだいすきです。


しゃしん:このタンスは宿のおかあちゃんの嫁入り道具。

広告を非表示にする