へんじ

nomuch2008-02-14

そんなに書くこともないんですけど。あ、おしらせがあった。

ひと目でわかるインドの数学

ひと目でわかるインドの数学

↑これのイラストをたくさん描きました。今日あたりに本屋さんに出ているとおもいますので、よろしくおねがいします。ね。こんなふうにイラストで仕事ができちゃってるんだから不思議なものだ。
メールのお返事を書こうとおもいます。いつもいつも、お返事していない人ごめんなさい。
twitettaさん(名前の由来に笑いました)。そうそう中川さんは投げっぱなしの作品がけっこうあるんですよね。特にそれが前に言ったポジャリカとか兄さんのバカとかに顕著です。台湾は行ったことないです。写真もちょっと拝見しました。あーいいわー。行きたいです。
さとうさん。ね。空恐ろしいですよね、糸井さん。何かが、ね。ほぼ日とかね、読めばおもしろいんだけど、私はどうも日常的に読みたいというところまでいかんのですよね。あのキレイさがダメなのかも知れない。大企業っぽいかんじがしてしまって、隙がない…。あ、それと私は、まだ誰も言ってなさそうだからちょっと言ってみるんだけども、糸井重里向井秀徳って似てね? あ、もちろん顔だけの話ですよ。いやちがうな、顔じゃないなあ、なんだろう、硬さって言ったらいいかな、糸井さんと向井さんはどっちも岩っぽいんだよ。頭蓋が。向井さんが髪短くなってからそうおもうようになった。(あーすげえ反対票投じられそう)
じゃじゃ丸さん。中川さんはたまーに神懸かり的なのありますよねえ。初期に「ワタナベの素」という作品があるんですけども、初期だからまだ全体的に絵も完成されてなくてネタもびみょうなのが多いんですけど、ものすごい光ってるのが2,3発あるんですよ。中川いさみのマンガすべての中でも最高傑作なんじゃないかと思うほどの数ページが。もうわたしはその2,3ページのためにあれを買ったと言ってもいいよ。なんてな、すごい大げさに書いちゃったけど、おもしろさって個人差ありすぎるから判断基準にならないよね。
ポジャリカ連載時のプレゼント、うらやましいなあ。中川さんは一度サイン会に行ってお会いしたことがあるんですが、期待どおり内気そうで声が小さくてすごくステキな方でした。サインに好きなキャラのイラストもつけてくれるというので、私はついテンションがあがってしまって「村岡の絵をおねがいします」と言ってしまい、「村岡って、あの、どんな人でしたっけ…。スイマセン覚えてなくて…。(私ががんばって説明)あ、あのキャラ……ええと…こんなでしたっけ(と描くも、びみょうに何か違う)。うーん…スイマセン」みたいな事態になってしまいました。あんなマイナーなキャラ(「大人袋」に出てきます)をお願いしてしまってもうしわけなかったです。
ああ、メールの返事を逸脱してしまいました。ああそうだ、じゃじゃ丸さんはすてきな文章を書かれますね。サイトもいいかんじですてきです。
さいきん、白石さんがあんまりおもしろくないんですよ。写真撮ってるんですけど、はてなってあんまり画像の容量大きくないので、どこかのサイトに置いてリンクさせようかとかんがえちゅうです。
今日は、まあ、そんなもんスかね。あんまりおもいつかない。パーマかけたくなった。断じて巻き髪ではない。巻上公一でもない。ヒカシュー。オヤジギャグですね。もう死んでいいね。ブログでオヤジギャグ言って〆るようじゃもう人としてアレだわ、年金もらった方がいいとおもう。年金ほしい。


しゃしん:集落ごとにムラの名の札がかかげてある。この集落ももう4軒しかすんじょらん。家はたくさんあるけど、ほとんどガライエじゃ。

広告を非表示にする