まんがとか

nomuch2008-02-07

祖父江さんのことでメールを下さったかたがた、ありがとうございます。映像は貸してもらうことができました。
またもメールで白石さん関連情報が。
<日記に出てきた金田についてお知らせしたいことがありメールさせていただきました。もう、どなたからかメールいただいているかもですが…。たぶん、ここ最近のノンスモ、エリヤンと同様、金田は吉本の若手芸人の『はんにゃ』というコンビの金田哲 (かなださとし)さんのことだと思います。誕生日も2月6日なので。>
コメコさんありがとうございます。「金田」と誕生日だけで分かるとは。びっくりです。
それにしても、せっかくの新人物かとおもったらまたもお笑い関連だったんですね…。けっこうざんねん。じゃあ白石さんって誰なんだよー。だいたいこの駅は、近くにお笑い関係のライブハウスとか劇場とか絶対にないはずなんですけど。


ここのところしごとでたくさんイラストを描いているのだけど、そもそもわたしはイラストレーターになる気はまったくなかった。イラスト付きブログを書いていたときだって、イラストはあくまでもおまけで、たくさん描いてたら少し絵がうまくなるかなーくらいのきもちでした。それが今はイラストだけでお仕事をもらったりするんだから人生分からないものです。いまでも自分がイラストレーターだという自覚はあまりありません。
でも、漫画家にはなりたかった。
たぶんいちばん最初にかんがえた将来の夢は本屋。そのころ(幼稚園の年少くらいだとおもう)は、本屋というのはみんなじぶんで書いた本を売っているのだと思っていたんです。だから、じぶんも本屋になって、自分で書いた本を売りたいとおもっていました。もう少し社会を知った小学生のころは、一貫して漫画家になりたいとおもっていた。でも、それも中学にあがるくらいにだんだんどうでもよくなっていきました。
漫画家になりたいんなら当時漫画をたくさん読んでいそうなものですが、いま思い返してもそれほど読んでいない。そもそも漫画雑誌はまったく買わなかったし、小学生のときに読んでいたのは、姉が買っていたりぼんと、ドラえもんドラゴンボールくらいだったような気がする。りぼんだって、あーみんとももこはもちろん好きだけれどほかの少女漫画はさほど楽しく読んでたわけでもなく、内容をほとんど覚えていない。
だけど、今日またおもいだしたんですよ。そういやわたしは谷川史子だけはものすごく好きだったよ。りぼんでは読み切りばかりで、なんで連載しないんだろうと思っていた。姉も好きでコミックスを買っていたので、「きみのことすきなんだ」はかなり読んだと思う。ああもう、当時からそういうことだったんだよ。キラキラしてない(←いい意味で)谷川さんの作品は少女の王道じゃなかったんだよ。私も趣味が一貫してるんだな。しかも、あのコミックスのなかでも「文香さん」の話が好きだったんですよ。パンを8個買う文香さん。パン屋さんとの恋。あれも言ってみりゃモテない系だ、いまおもえば。しかも成就しないし。
わたしはあんなてきとー(だと自分では思う)なイラストを描いているけど、それでもなにがしかの影響をうけているはずで、それはたぶん谷川さんや中川いさみさん(大好きです)なんじゃないかなあ。ほかにもきっとたくさんあるんだろうけど、自分でも分からない。
中川いさみさんは「クマのプー太郎」がいちばん有名だと思うけど、わたしは、中川さんの本領はそういうところではなくて「兄さんのバカ!」とか「ポジャリカ」とかだとおもいます。あの世界はだれにも作れない。それと、「タク坊の毎日」は下ネタだらけだけど、とにかくとにかくおもしろいからもっと広まってほしい。同じようにマネキンを使った作品では「オー!マイキー」なんてのが有名だけど、それよりも「タク坊」のほうが先なんだよ。中川さんもあとがきで「マネすんな!」って書いてるし、なによりタク坊の方が圧倒的におもしろいです。

兄さんのバカ! (ビッグコミックススペシャル)

兄さんのバカ! (ビッグコミックススペシャル)

タク坊の毎日 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

タク坊の毎日 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

ああもう、まったくとりとめなくなってしまった。


しゃしん:鬼瓦のある廃屋はもうボロボロなのになぜかむりやり補強してある。たぶん、ここがくずれると神社への道がふさがれるからだとおもう。

広告を非表示にする