ふつうにっき

nomuch2007-11-04

洋服ダンス(というかただのプラスチックの収納)にはあふれんばかりに服が入っていてぎゅうぎゅうで、もう底の方なんかぐしゃぐしゃになっているというのに、着たい服はそのなかにほとんどないっていうのは一体どうしたことなんだろうと新しい季節をむかえるたびにおもう。服がほしい、どれもこれも今日着たくて困るというほどに服がほしいです。
着ない服がジャマでしょうがないので、こんど友だちとフリマに出ます。ぜひ買いに来てください。などとたわむれに書いてみて、いつどこでやるかなどは一切書かない私です。終わってから書きます。
きょうは、よくある「ことごとく何のやる気も起きない日」でした。というか現在進行的にその状態です。いちおうジャニスにCD返しにいったんですけど、7時くらいには家に帰ってきて、そのままほんとうに何のやる気も起きなくてまだ夜ごはんも食べてなくてすごくおなかがすいた。現在23時30分。あまりに何のやる気もないのでさっき寝ころがっていたら眠ってしまった。かぜをひくとおもう。仕事はやろうとおもえばいくらでもある。のに。ね。
着たい服はないし髪はまとまらないしやる気は起きないしこんなときは寝るくらいしか手段がないというのに寝る気にもならないという八方ふさがりの状態である、だからこんな駄文を書いてしまうのである。なんとなくストレスフルな夜、ありがちな。ほんとに平凡な。ふつうだよふつう。ふつうにっき。


しゃしん:まだまだ北沢ビル。

広告を非表示にする